フィリピンでビーガンとして生き残る方法

フィリピンのヴィーガニズム

当社がコロンで最高評価の遠征会社である理由の 1 つは、肉を食べないとフィリピンが厳しい場所になる可能性があるため、菜食主義者/ビーガンに十分対応しているからだと思います。または乳製品。

ビーガニズムはこの国では一般的な習慣ではなく、一部のフィリピン人はこのライフスタイルにさえ気づいていません。なぜなら、彼らは両親や祖父母が彼らに提供したものを食べて育ったからです。それはおそらく肉や魚がたくさんあるからです。私たちの多くは、ほぼ毎日朝食に卵を食べて育ちます。文字通りどこにでも「シログ」(食べ物)または「シロガン」(「シログ」を提供する場所)があることに気付くでしょう。私たちのマクドナルドでさえ、これのバージョンを持っています.冗談でもありません。聞いたことがない方のために説明すると、シログはチャーハンの「シナンガグ」と卵の「イットログ」を組み合わせた造語です。したがって、サイログとホットドッグを組み合わせると、「ホットサイログ」またはコンビーフができ、「コーンサイログ」や他の多くの「サイログ」のバリエーションがあります。ああ、私たちフィリピン人もチーズが大好きです!そのため、それらすべてがなければ食べ物を見つけるのは非常に難しい場合があります.

ご心配なく。フィリピンではビーガンとして生き残ることができます。もう少し努力が必要です。

菜食主義者についてのブログを書きましたが、この国で菜食主義者として生き残るための重要なヒントが掲載されています。これらのヒントは、ビーガンにも確実に役立ちます.そのページでは、フィリピンの食べ物が必ずしもビーガンに適しているとは限らない方法や理由についても (うまくいけば) 理解できるでしょう。

朗報です!特に地下鉄や外国人に優しい場所では、ビーガンフレンドリーなレストランがたくさんあります.また、特にパラワン、セブ、シアルガオなどの観光地では、ビーガン フレンドリーなレストランやビーガン フードを提供する施設の数が劇的に増加しています。

探したり試したりできるビーガンフレンドリーなフィリピン料理をいくつかご紹介します。

カリンデリア

レストランでは必ずしもビーガン フレンドリーな料理を提供しているわけではありませんが、少し冒険したい場合は、近くの「カリンデリア」または小さな時間の食堂で見つけることができるかもしれません。朝食には、チョコレートのおかゆである「チャンポラード」があるかもしれません。ランチやディナーには、緑豆のシチュー、ココナッツ ミルクで調理したジャック フルーツ、または豆腐とナスのグリルなどを頼んだり探したりできます。通常、伝統的な家庭料理を提供するため、これらの小さな時間の食堂にはより多くのオプションがある場合があります.これらの料理には豚肉やエビが加えられることもあるので、材料を再確認してください。

ストリート フード

「トゥロン」またはバナナ ロール、「バナナ キュー」(バナナにブラウン シュガーをまぶして黄金色になるまで揚げたもの)、「カモテ キュー」(サツマイモをバナナのキューのように調理したもの)を提供しているベンダーを見かけたら、そのエリアをチェックしてみてください。 、「ルンピア」または春巻き。これらすべてがシンプルなフィリピン料理のカートに入っているのに、おしゃれなレストランが必要な人はいませんよね?それも間違いなく安くなります!

遠征中の新鮮なトゥロン。バナナを黒糖でコーティングし、春巻きの皮で包み、きつね色になるまで揚げました。これは、チョコレート シロップをまぶしたシェフのバージョンです。

フィリピンにはさまざまな種類のお餅があり、特に甘いものが好きな人はがっかりすることはありません。ほとんどの場合、これらは市場で見つけることができますが、露天商が時々それらを販売しているのも見られます!最も簡単に見つけられるのは、黒米のお菓子である「ビビンカ」で、基本的にココナッツ ミルクで作られたキャラメルである「ラティック」と、わずかに発酵した米粉で作られた蒸し餅である「プト」です。プートには非常に多くの異なるバージョンがあり、地域によっても異なる可能性があるため、混乱しないでください。これをいくつかスライスまたはピースにすると、胃がいっぱいになり、次の食事の時間まで準備が整います。

フルーツ屋台

揚げ物や軽食が苦手な方も大丈夫です。これらの種類のベンダーがいる場所には、マンゴー、ココナッツ、スイカ、ザボン、パイナップルなど、季節に合わせてスライスした新鮮な果物を販売する別のベンダーがいる可能性が高いからです.フルーツ シェイクやフレッシュ フルーツ ジュースを作っているベンダーもいます!

地方にいて、これらを売っているベンダーが見つからない場合は、マンゴーまたはココナッツの木を探して、自分で果物を集めてください.果物を手に入れるのに苦労したくないので、木に所有者がいるかどうかを確認してくださいね?

これが、フィリピンでビーガンとして生き残るのに役立つことを願っています。パラワンのコロンにお越しの際は、ぜひお立ち寄りください。 私たちの遠征中はまったく心配する必要はありません!

乾杯!

リヤ

.