フィリピンでベジタリアンとして生きていくには

by Charm Gutierrez
Last updated on: July 16, 2023

フィリピンのベジタリアン事情

 

 のように フィリピンでトップクラスの遠征会社です。 Coron 私たちの船には、多くのビーガンやベジタリアンのお客様が乗船されています。また、ヴィーガンやベジタリアンのお客様からフィリピンでの体験談をお聞きしましたので、記事にしたいと思います。

 

 

では、ベジタリアンとしてフィリピンを生き抜くのは難しいのでしょうか?イエスでもありノーでもあります。

 

まず、フィリピンという国には何千もの島があり、南国の雰囲気が漂っています。つまり、あらゆる種類のフルーツが手に入り、文字通り新鮮そのものなのです。人里離れた町では、自分で収穫することもできます。そうなんです。また、山や農業の町も多いので、野菜もたくさん食べることができますよ。またまた万歳!

 

厄介なのは、食材の供給ではありません。その国の人たちの伝統や生活習慣なんです。フィリピンではベジタリアンやビーガンがまだ広く理解されていないんだ。最近はありがたいことに、特にメトロや駐在員向けの場所にベジタリアンレストランがたくさんありますが、一般的な食事処の多くはこの食事法を実践していませんし、理解もしていません。ですから、一般的なレストランではベジタリアン・メニューを扱っていないのが普通です。近年まで需要はそれほど高くなかったので(心配しないでください、進歩しているんです)、自分で方法を見つけるしかないでしょう。その方法をお伝えする前に、まずはフィリピンについて少し理解する必要があります。

 

フィリピン人は肉が大好きです。特に豚肉が大好きです。レチョンを知っていますか?レチョンとは、ごちそうのしるし、シンボルのようなものです。クリスマスの七面鳥のようなものですが、私たちはほとんどすべての機会にレチョンを食べます(余裕があるとき)。私たちは肉が大好きなので、料理には豚肉、鶏肉、牛肉が必ずと言っていいほど使われます。肉がメインの料理が多いですが、野菜料理もたくさんあります。しかし、それでも野菜を注文する場合は、「パンパラサ」(味や風味のために)として、野菜料理に肉が混ざっていることがあります。

 

 

何が入っているのか聞いても、どんな調味料が入っているのか言ってくれないこともあり、「豚肉抜きでお願いします」と簡単に注文することは難しいです。

魚が豊富な地域なので、海の幸の料理もたくさんありますよ。フィリピン人の生活は海と密接に結びついているので、休暇を過ごしたり、島で過ごすには最適な場所なのです。しかし、それは同時に、私たちの日常的な料理の材料や調味料までもが、海からもたらされていることを意味しているのです。 ナンプラーやエビのすり身など。

 

前述の通り、野菜料理がいくつかあり、お肉を抜いてもらうことも可能ですが、それでもこれらの料理にはエビのペーストやナンプラーが調味料として入っていることがあるので、かなりこだわりが必要になってくるでしょう。(これが、厄介なことになるという意味です)。

 

 

 

そうなんです。フィリピンでベジタリアンとして生きていくことは可能ですし、できるでしょう。コツは方法を知っていることです。ここにいくつかのヒントがあります。

 

フルーツにこだわる。

 

私たちの周りにはたくさんのバリエーションの果物がありますが、通常、私たちは肉を摂取するのと同じくらい果物や野菜を摂取することはありません。ですから、フルーツボウルが思ったより少なかったとしても、驚かないでください。注文する前に必ず確認するようにしましょう。フィリピン人の食事量は少なめです。私たちはちっちゃい人間なので...(笑)

 

ベジタリアンレストランを探す

 

うっそー。これって結構当たり前ですよね。この方が本当に楽なのですが、心配しないでください。もし、目の前にベジタリアン向けのレストランがなかったり、グループの中であなただけがベジタリアンで、みんながこの店で食べたいと言ったら、あなたは生き残ることができます。

 

ベジタリアン用の料理や代用品を頼んでみましょう。

 

ほとんどのレストランでベジタリアン用の料理が置いていないことはすでに述べましたが、ウェイターに尋ねてみるのもいいでしょう。ベジタリアンのために料理を工夫する方法を提案してくれるかもしれません。

 

うまくいかない? マネージャーやシェフに聞いてみてください。 フィリピン人はとてもフレンドリーで、おもてなしの心で知られています。丁寧にお願いすれば、メニューの中から何か作ってくれる人もいるでしょう。

 

食材を囲んでの作業

 

料理の材料について尋ねると、ウェイターは喜んで手伝ってくれるでしょう。先ほどの「パクベト」に話を戻そう。豚肉やエビ、エビのすり身を入れないでください」とお願いすればOK。ただし、「豚肉を抜いてほしい」「ナンプラーを使わないでほしい」と頼むと、「確かにおいしいけど、おいしくないかもしれない」と言われるのは覚悟しておこう。私たちがいかに肉を愛しているかを覚えていますか?フィリピンでは、肉や調味料を使わない料理は味気ないと思われがちです。クミンやマスタードシードなどの調味料はフィリピンでは一般的ではないので、味は薄いかもしれません。

 

具体的に

 

以前、一緒に働いていたベジタリアンの方に野菜料理を注文した時、特に豚肉やエビはダメだと言ったことがあります。結局、魚のすり身を使うことになったのですが、これはエビのすり身の代用品で、本来は魚なのです。だから、せっかくベジタリアンに何か食べさせようと思っていたのに、ほとんど無駄になってしまいました。きっと、そんなつもりはなかったのでしょう。店員はベジタリアンがどういうものか理解しておらず、客がそういうものを食べたくないだけだと思い、代わりに「味」のために代替品を使っただけなのだろう。 (何が起こったのかと思ったら、彼の食事に何か他のものを注文させていたので、ご心配なく。餓死はしなかったのです。)

 

アレルギーなんです!

 

特に、レストランに行くたびに、なぜその食材が嫌いなのかを説明するのは、とても疲れることです。また、代わりの食材を探したり、「風味付け」のためにその食材を少し忍ばせたりする人もいることは言うまでもありませんし、卑劣な人は、あなたに料理を出す前に皿から取り出してしまうかもしれませんが(これは信頼の問題かもしれませんが)、後悔するより確かな方がいいですよね?そう、近道は「アレルギーがある」と言えばいいのです。その方が食べ物の扱いが慎重になる。そう、これは嘘なのだが、白い嘘であり、かなりのハッキングなのである。

 

しかし、このような心配をする必要はありません。 遠征 なぜなら、私たちはこれをカバーすることができたからです。

 

他に共有するためのヒントがありますか?ぜひお聞かせください。

 

では、また。

乾杯

リヤ

 

About the Author

Related Posts