最もロマンチックなこと El Nido, Coron とパラワン

by Oliver Canavan
Last updated on: May 02, 2024

 

BDDBMマリー&ジェイク

 

 

写真マリー・フェとジェイク・スノー Big Dream Boatman エクスペディション.

イントロダクション

パラワンの美しさは、それ自体が物語っています。きらめく青い海、太陽が降り注ぐ海岸、汚れのない海辺-フィリピンの西に位置するこの熱帯地方は、その天国のような環境は、愛を祝福するのに理想的な場所です。

もちろん、高級ホテルに泊まって、ベッドの上にバラの花びらを置いてもらうこともできますが、それ以上に、本当にロマンティックなことをするにはどうしたらいいのでしょうか?

私たちは何年もパラワンを旅していますが、最も人気のある旅行者のタイプはカップルなので、私たちの経験から、あなたの愛する人と一緒にできる最もロマンチックなことを紹介します。 Coron, El Nido とパラワンです。

1.星空の下で眠る

島の砂浜に寝そべりながら眺める星空ほどロマンチックなものはないでしょう。パラワン島でこれを行うには、キャンプが可能なローカル島へ行くためにプライベートボートを手配することができます。または、パラワン島とパラワン島の間のアイランド・エクスペディションに参加することもできます。 Coron と El Nidoまたは、単に周辺 Coron.この間、キャンプをしたり、町から遠く離れ、空そのものがライトアップされるようなネイティブ・コテージに滞在することもできます。

パラワン・スカイ

2.海の音で目覚める

上記と同様、海の音で目覚めるほどロマンチックなことはないでしょう。あなたのために作られた素敵な朝食を持って、ビーチに沿って散歩していますか?かなり夢のような話だろう。このような体験は、旅行先でも可能です。 Coron でも、陸にいるとなかなか難しい。 Coron (の陸地に滞在する場合は難しく(町の中心付近にビーチがないため)、それほどロマンチックではありません。 El Nidoというのも、人が多すぎるし、ゴミも多いからです。ポートバートンなら簡単だが、やはり人が多い。

アコム

3.3.自分たちの島かホテルで、プライベートなロマンティックディナーをする。

もしあなたが素敵なホテルに滞在しているのなら、レセプションに頼んで、十分な時間をかけて予告すれば、たいていのホテルはキャンドルライト・ディナーをアレンジしてくれるはずだ。

島で Big Dream Boatman エクスペディションでは、3泊のうち1泊はカップルで食事をして、ロマンチックな夜を楽しむこともよくあります。クルーに頼めば、夕食のセッティングを手伝ってくれるだろう。

4.幻想的な夕日を一緒に見る

で Coron 夕日を見るならタピヤス山がおすすめです。 El Nido ナプカンビーチがベストです。遠征に出かけると、毎晩、夕陽に間に合うようにボートがプライベートアイランドに行こうとする。

Coron サンセット

5.思い出に残る写真を撮る

時には、あなたはカメラを持っているだけの人になることもありますよ。しかし、少なくとも何回かは自分も写真に写ることができれば、ロマンスを維持できる可能性が高まります--誰も自分のインスタグラムからいい写真を消したくはないでしょう 😂.

チェルシー

*写真はすべて Big Dream Boatman エクスペディション

ボーナス:ついに...プロポーズ

プロポーズほどロマンチックなものはないでしょう!?私たちはフィリピンでたくさんのプロポーズをお手伝いしてきました。プロポーズをするのに最適な場所はたくさんあります。もし、私たちのツアーに参加される方で、プロポーズのお手伝いが必要な方がいらっしゃいましたら、ぜひ私たちにお知らせください。

次は何を読もうか?

1. 私たちの Coron まで El Nido エクスペディション  (その逆も然り)

2. パラワン7日間の旅程の提案 - 中予算  

3. 交通手段 Coron まで El Nido  フライト、フェリー、エクスペディションで、予算や旅行者のタイプに合わせて

4. フィリピンのベスト旅行記とブログ

5. フィリピン旅行で期待する5つのこと Big Dream Boatman

 

著者について

BDBMクリシュ

Big Dream Boatman  は、パラワン周辺での数日間の旅行に特化したパラワンでナンバーワン評価の遠征です。 Coron と El Nido.私たちは、以下のサイトで紹介されています。 Lonely Planet にも掲載され、旅行業界の有名人にも選ばれています。私たちの主な目標は、パラワンに来る人たちをどんな形であれ幸せにすることなので、たとえ私たちのブログを読んでいても、私たちの遠征に参加しなくても、私たちは大丈夫です。 😁. 

 

About the Author

Related Posts